ご挨拶

この2年余り、世界的に拡大した新型コロナウィルス感染症の影響により私たちの生活も大きく変化しました。

新型ウィルス感染症禍の厳しい社会環境の下、新潟県の抱える課題解決に向け、県議会議員として多くの皆様とともに連携して様々な課題に取り組ませて頂き、こうした難局にこそ政治が先導的な役割を示していかなくてはならないと、さらに実感する2年間となりました。

県としても、医療提供体制充実等の感染症対策を徹底するとともに、生活支援・事業継続支援、消費喚起・需要拡大に向け、取り組みを強化していかなくてはなりません。

また、少子高齢化やデジタル社会への対応、医療・福祉や農業・教育といった分野にも、待ったなしの課題が山積しております。

それらの課題にむけ、住民の皆さまの健康と安全を守る為、県民の皆様の声、地域の声をお聞きし、粉骨砕身政治活動に邁進して参りますので、変わらぬご指導ご鞭撻の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

かわらい拓也

プロフィール

  • 昭和60年3月16日生まれ(37歳) 三条市石上在住
  • 一般企業、国会議員秘書を経て
    • 平成26年4月 三条市議会議員に初当選(29歳)
    • 平成30年4月 三条市議会議員2期目当選(33歳)
    • 平成31年4月 新潟県議会議員選挙において初当選(34歳)
  • 家族構成 妻・長男(11歳)・次男(7歳)
  • 主な役職、所属
    • 自民党三条支部長
    • 総務文教常任委員会
    • 県民所得アップ対策特別委員会
    • 自民党党紀副委員長
    • 自民党連合会青年部長代行
    • 三条凧協会顧問
    • 燕三条青年会議所 他
新潟県の未来(ゆめ)を実現する5つのビジョン
1.地域医療の未来(ゆめ)をつくる!!
  • 地域医療を支える医療従事者の確保と、働きやすい職場の環境をつくります。
  • 新たに建設される県央基幹病院と近隣病院の強固な連携と、役割分担の明確化を図ります。
2.快適な交通体系の未来(ゆめ)をつくる!!
  • 国道403号、289号などの広域的基幹道路ネットワーク整備を推進します。
  • 上越新幹線の新潟空港までの延伸の早期実現に尽力します。
  • 水害に負けない河川改修の整備促進を図ります。
  • 大雪、地震などの災害に強いまちづくりを目指します。
3.子育て、教育の未来(ゆめ)をつくる!!
  • 子育て世帯の経済的な負担削減に取り組みます。(給食費、学校の教材等への助成)
  • 特別な支援を要する子どもたちへの支援体制の充実を図ります。
  • 保育、児童施設への補助拡大強化に努めます。
4.商業・工業・農業の未来(ゆめ)をつくる!!
  • 倒産、休廃業を減らすための事業継続支援、後継者育成支援のさらなる拡充に努めます。
  • 海外に目を向けた地場産品の販路拡大事業を支援します。
  • 中山間地域における営農体制の構築、集落営農、6次産業化の推進を図ります。
5.県央地区の広域連携で未来(ゆめ)をつくる!!
  • JR燕三条駅周辺に建設予定の県央基幹病院、(仮)三条技能創造大学、医療系高等教育機関など新たなまちづくりをオール三条で推進します。
  • 食文化、伝統芸能など観光資源を生かし、様々な事業者の皆様とビジネスをベースにした、魅力的な観光プランを具体的に提言し、リピーターを増やします。
    合わせて広域観光連携を進めます。
  • 県央広域Wi-Fiの整備に取り組みます。
かわらい拓也